薬剤師が麻薬取締官になりたい場合は?

薬剤師求人 > 麻薬取締官になる場合

薬剤師求人-麻薬取締官になる場合

薬物犯罪の捜査活動をしたり情報収集活動をするのが麻薬取締官です。 通称<まとり>と呼ばれたりします。 所属は厚生労働省地方支部部局である地方厚生局麻薬取締部の公務員です。 麻薬取締役は特別な権限をもっており<特別司法警察員>として活躍します。

特定分野の専門家である公務員が知識や経験をフル活用できるのです。 一般の警察官よりもスムーズに麻薬捜査を進めることができますので有利です。 麻薬取締分野の犯罪に限定して警察職員としての権限があるのです。

一般の警察官には禁止になっている<おとり捜査>をする権限も持っているのが麻薬取締官です。 医療用の麻薬の監督・指導を目的として「病院」「薬局」「製薬会社」など麻薬を取り扱う場所を定期的に立入検査をします。 これによって麻薬の不正使用を防止しているのです。

これ以外にも学校での講演・薬物乱用者のご家族や友だちから相談業務もあります。 薬物乱用防止を啓発する活動を実施しているのです。

麻薬取締官と薬剤師が関係ある――そういってもピンと来ないかもしれません。 ですが実際には多くの薬剤師が麻薬取締官として活躍しています。

一般的に公務員になるには公務員試験を受験してなければ採用試験に進めません。 当然ですが合格しなければ公務員にはなれないのです。 麻薬取締官ならば国家公務員採用一般職試験の<行政>か<電気・電子・情報>に合格しなければなりません。

ですが麻薬取締官の<薬学技官>として採用される場合は薬剤師資格があれば応募できます。 この場合は公務員試験を受験する必要はないのです。 薬剤師国家試験に合格しているので薬の専門家である証明ができているからです。

ですが、<薬学技官>の採用は不定期です。 毎年間違いなく募集があるとは限りません。 公務員ですから年齢制限は厳格ですから注意しましょう。

今の段階では薬剤師枠の場合の応募資格は29歳以下となっています。 6年制大学の卒業生の場合は、薬剤師資格を取得してすぐに30歳を迎えてしまいます。 新卒ならば問題ないですが転職の場合は早めのアクションが必要です。